ご挨拶    

〔factory 喜望峰〕設立にあたって



〔オフィス十月〕への日頃の御支援、ありがとうございます。
弱小泡沫事務所ながら、ピリリと薬味の効いた仕事をいくつか形にすることができたのも、皆様の御心遣いとサポートがあればこそと感謝しています。

1997年からの10年は、辛い別れと嬉しい出会いが激しく交錯した日々でした。だからこそ、昨日を振り返らずに明日を見ようと、今、強く思います。そんな気持ちに押されつつ、〔喜望峰〕なる会社を設立することに決めました。 志あるつくり手が集まって良質な作品をつくる、工場=FACTORYのような場と思ってください。私個人としては、〈五大陸走破行〉の最後の計画、〈ユーラシア大陸横断の旅〉の実現に向けての準備を進め、〔喜望峰〕としては、映像と印刷、出版とがコラボレートするような仕事にもチャレンジしていきたいと考えています。

「それでも世界は美しい。人間は捨てたものじゃない」──の精神を胸に、何事にもポジティブに、ラテン的に向き合っていきたいと思います。
夢と希望は抱えきれないほど大きく、目の前の仕事は手を抜かず誠実に、が私たちのモットーです。
新生〔喜望峰〕とのおつき合いと御支援、今まで以上にどうかよろしくお願い致します。

最後にひと言──いい仕事しますよ、ホントに……。

2008.春  戸井十月


2013年7月28日に戸井は永眠いたしましたが、今後も戸井の遺志を継ぎ、作品制作を続けていきます。

株式会社 喜望峰 社員一同